時事談義・イラスト・ミニアニメetc.


by eisakutyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動くな!わしが谷だっ!

f0052281_187253.jpg


  *楽天日記をランダムで徘徊していたら:

 『みどりの果敢な北京生活(避難訓練版)』というところにぶち当たった。在中国の日本人妻のブログである。旦那さんが前衛アーチストで、お子さんと犬がいるらしい。

 てか、とにかくここは面白い!

 4/16の日記には古タイヤを新品同様に加工して売る話(↑写真)とか、箱師(←電車のスリ)の話とかがが書かれていた。
 ここから『Sina中国新聞』と『CCTV.com』に行くことが出来るから、後の方=スリvs公安警察の話を追ってみたら以下のような記事があった。↓

(但し文中『;x;』は&と#で始まる5桁のコード番号で簡体字ですが私は変換の仕方をしりません。あちゃっ。汗。)

 “別動、我姓谷”,x;会是所有活x;在x;路x;上的小x;x;最害怕听到一句x;。谷x;明,x,x;哈x;x;路公安x;刑警支x;的支x;x;,他手上有一本擒x;档案,x;x;地x;x;着x;千多个小x;的各x;x;料,曾x;有人出三十万的天价x;人x;出来。可是要x;他的x;西那是x;何容易。就算小x;天天揣着谷x;明的照片,也很x;在人来人往的x;站、站台、火x;x;x;里找到他。因x;他是名副其x;的x;形x;王。x;他x;形,是因x;他用他的“百宝箱”,可以x;松地把自己x;装成不同的身x;x;藏于人群,用他x;一x;的眼睛x;定住人群中的那些伺机行窃的小x;。x;他x;王,是因x;谷x;明有一手快速上x;x;活,可是将手中的手x;x;出x;x;、抖x;、x;x;、双手x;的出x;技x;,更是x;小x;x;x;x;x;胆。而家人,却是反x;神探谷x;明x;欠最多的。在采x;x;程中,谷x;明不止一次x;,自己x;家里做的太少了,x;不住家人。他知道自己不x;在外面x;得了多少x;誉,也没法x;x;家人x;自己的x;挂和埋怨,也知道自己没有享受x;很多普通人都;有的天;x;之;x;。可是,;x;于当年x;x;反;x;x;一行,他永;x;都不会后悔。

 ↑ とにかくこれを得意の(はあ?)ヤフー・テキスト翻訳(中→日)にかけると ↓:

 “動いてはいけなくて、私の姓の穀”、このとき、所有が鉄道の糸にある鼠賊たちを運動して最もひと言を聞くかと恐れることです。谷澤明、チチハル鉄道公安カ所刑事支隊の支隊は生えて、彼手上には1冊が狡猾なファイルを捕らえることがあって、詳細に記載している2000数百人の鼠賊のそれぞれの資料、曽経有の人が300000から出す天の価はどうぞ人が持ち出して来てください。しかし彼を掠めなければいけない品はすぐ口で言う程容易ではない。もし鼠賊毎日の揣は谷澤明の写真を着れば、とても難しく人持参人の向かった駅にいて、プラットフォーム、列車車両内は彼を捜し出す。彼のため名実が相伴う形を隠して王に手錠をかけることです。彼が形を隠すと話して、あり別の用途の彼の“貴重品箱”のため、身軽に自分で異種の身元になって変装することを人込みに隠れることができて、彼鷹一の形での瞳が定住者群中を施錠するあれらの伺器の行盗人の鼠賊。彼が王に手錠をかけると話して、谷澤明のため腕が利いて素早さ上に絶に手錠をかけて活きていることで、しかし手中の手錠の練出に手錠にぶつかる、手錠を振って、飛ぶことは手錠をかける、両手錠のものは技術に手錠をかけることから出して、さらに鼠賊たちにうわさを聞いただけで肝をつぶすことです。それで身内、かえって反:x;は不思議に谷澤明が最も多いものに不足することを探す。過程を面会することに、谷澤明は止まらなく1回話す、自分で内輪のために作ったものは最も不足して、正しくできなの身内。表面にいくらの栄誉かの自分を獲得したことにも拘らず彼は知る、同様に身内を補償して自分に対することが不可能に引っかかって不満と、同様にたくさん楽しんだことがあることの常人の都の擁した一家団欒が自分でなかったと知る。しかし、その年に対してこの1行反;x;を選んで、彼は永久に全部後悔不能です。

 ↑ 要するに谷さんという鬼平のような取締り官がいて、スリたちはその名前を聞いただけで震え上がるということらしい。w

 ↓ で、これが中国の鬼平さんでつ♪

f0052281_1874633.jpg

[PR]
by eisakutyan | 2007-04-16 18:22