時事談義・イラスト・ミニアニメetc.


by eisakutyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

前原がやっと辞める!赤飯だ。 2006年03月31日
     前原民主代表辞任へ、偽メールで引責 (読売新聞)

 民主党の前原誠司代表(43)は31日、党代表を辞任する意向を固め、党幹部らに伝えた。

 永田寿康衆院議員(党員資格停止中)が引き起こした「偽メール」問題の責任を取るもので、同日夕、この問題の調査報告書がまとまった段階で辞意を表明する。後継代表選は4月中に実施されるが、小沢一郎・前副代表や菅直人・元代表らの出馬が予想される。

 前原氏は31日午前、党幹部や関係者らに「代表をいったん辞めて身を引き、再起を期す」との考えを伝えた。前原氏が辞任の意向を固めたのは、永田氏が議員辞職しないまま、偽メール問題の決着が長引くと、民主党が世論から見放されるほか、党内でも前原氏への批判が高まる恐れがあると判断したためだ。

 前原氏は、「偽メール問題」で、ライブドア前社長の堀江貴文被告が、自民党の武部幹事長の二男に送金を指示したメールを入手したという永田氏の説明をうのみにし、2月16日の衆院予算委員会で永田氏が質問することを容認した。

 その後、メールの信ぴょう性に対する疑問の声があがり、「メール問題から撤退するべきだ」との声が党幹部から指摘されていたにもかかわらず、党首討論でメール問題を取り上げ、結果として、この問題が党に深刻な打撃を与えた。前原氏に対しても、危機管理能力の欠如が指摘されていた。

 前原氏は昨年9月、衆院選惨敗の責任をとって辞任した岡田克也・前代表の後任を選ぶ代表選で、菅氏を2票差で破り、代表の座に就いた。任期は岡田氏の残り任期の今年9月までだった。[ 2006年3月31日12時4分 ]

============

 以上引用終わり。

 やっと辞める気になったか。笑
 赤飯でも炊くか。

 それにしても民主党ってテンポが悪いなあ。
 今頃遅いんだよ。何をぐずぐずしてたんだよ。
 党内事情優先か。国家政治のことなんて何も考えてないね。
 これも野党ボケか。暇な連中だ。

 前原っていうのは小泉に色目を使うことしかしなかった無能な人間で、私には、あんな者が若手の代表では民主党も先が見えたという感想しかない。永田と同レベルのアホだもんね。人材不足もいいとこだ。

 『覆水盆に帰らず』ってこともあるし、前原や永田は取り返しの付かないことをやらかしてしまったわけだから、辞めたからと言ってチャラにするわけにはいかないのだ。引き返すチャンスは何度もあったのに猪突猛進した結果がこれだ。尤もこれも前原は最初から計算ずくだった可能性も消し去れない。あいつは小泉のファンクラブだからね。

 こっちは『ああ哀れ日本丸よどこへ行く?』ってかぁんじ?!だからもうどうしようもないね。w
 せっかく倒幕のためにblogを増やしたのに、これじゃ徒労に終わっちゃうよ。
f0052281_14153170.jpg



f0052281_14162185.jpg
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-31 14:16
       西沢元記者、雑誌表紙に永田議員を起用

 永田議員から偽メールの提供者として名指しされた西沢孝・元記者は、主に週刊誌に記事を書いていたほか、最近は自ら新しい雑誌を発行しようとしていた。

 関係者によると、西沢氏は1990年代半ばに米国の大学でジャーナリズムを学び、帰国後はフリーライターとして記事を出版社に持ち込んでいた。取材範囲は広かったというが、雑誌記者らの評判は必ずしも芳しくなかった。

 問題となった記事の一つは、2000年に西沢氏が取材し、週刊誌に掲載された清原和博選手(当時は巨人軍)に関する記事。「自主トレ中にストリップバーに通っていた」との内容に、清原選手は名誉を傷つけられたとして、出版社を提訴。01年3月、東京地裁は「取材が不十分で、記事は真実と認められない」と認定、出版社側が敗訴した(2審で敗訴確定)。

 その後、西沢氏は雑誌編集会社を自ら設立。05年秋には会員制月刊誌「デュモン」の創刊準備を始め、テスト版として同10月に第1号、同11月に第2号を作成したが、この編集で知り合ったのが永田議員だった。

 第2号の表紙には同議員が腕組みして立つ写真を使い、西沢氏が取材した同議員のインタビュー記事も掲載。「自分の言葉をもっている人は、必ず時代を動かすはず」と持ち上げた。このほか、民主党の中堅・若手議員5人のインタビュー記事を掲載した。

 だが、3月に本格創刊する計画は、今回の偽メール問題で中断。

 情報提供者と疑われた西沢氏は取材を拒否し、代理人の弁護士を通じ、「永田議員にメールを提供した事実はない」と回答していた。 (読売新聞) - 3月24日14時37分更新

============

 以上引用終わり。

 しかしまあ、こんなことはみんな全部知っているんだよなあ。
 永田と民主党がひた隠しにして来ただけの話で、大手マスコミがそれに追随して来たわけじゃないか。

 先日ふと入った食堂で『週刊新潮』を手に取ったらちょうどこの問題を取り上げていた。
 何でも西澤が付けた弁護士はバリバリの学会員だということであり、しかもこのネタを民主党サイドがしきりに流しているというのだ。西澤はころころくるくる話が変わる異常な人間(変質者?)で、最後には「実は学会からの圧力だ」などとも永田に言い訳したらしい。

 創価学会と永田の間は、周知のように、永田が国会で(選挙目的の?)学会員の住民票の移動を暴露して以来すこぶるつきで険悪だから、如何にもありそうな週刊誌ネタには違いないが問題の本質はそんなところにはない。

 前原執行部と永田らが小泉に助け舟を出した。これは消えない、というか、今尚続いている。
 そのお陰で私の《幕末》時局ものもすっかり影が薄れて、せっかく新しくblogを開いた意味も半減してしまったのである。笑

 この翼賛政治はファシズムの第一段階ではないのか?
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-24 19:21

諸事雑感。

 *無料版「時事用語のABC」 2006年 3月13日発行 第1092号(38,109部)より。

●今日のキーワードは「ねんきん事業機構」です。
――――――――――――――――――――――――
政府は10日、社会保険庁改革関連法案を閣議決定し、国会に提出した。同法案では、社会保険庁改革の本丸として、ねんきん事業機構の設置を盛り込んだ。
――――――――――――――――――――――――
§ねんきん事業機構【ねんきん・じぎょう・きこう】

   社会保険庁の解体に伴い、新たに設置される機関

国の「特別の機関」として、社会保険庁で扱われている国民年金と厚生年金などの年金業務を引き継ぐ。社会保険庁改革関連法案の中に盛り込まれ、現在は国会審議中。

ねんきん事業機構には最高意思決定機関として「年金運営会議」を置き、機構の長である代表執行責任者と4人以内の委員が任務にあたる。厚生労働省による干渉を排除するため、委員は民間の専門家など外部から任命される。

社会保険庁改革関連法案によると2008年10月の予定で、現在の社会保険庁を解体し、ねんきん事業機構を発足させる。従来は社会保険庁の業務範囲だった年金と政府管掌健康保険を分割し、国民年金や厚生年金などの年金業務をねんきん事業機構が引き継ぐ。なお、政府管掌健康保険は別の公法人に引き継がせる。

政府に関連する機関としては初めて平仮名の名称が入るが、従来の社会保険庁のイメージを払拭すると同時に、やわらかいメッセージという意味合いを込めたようだ。ねんきん事業機構は社会保険庁とは異なり、厚生労働省の外局ではなく、厚生労働大臣の指揮監督下にある国の「特別の機関」として、国土地理院などと同じ位置づけとされている。

政府は10日、社会保険庁改革関連法案を閣議決定し、国会に提出した。同法案では、社会保険庁改革の本丸として、ねんきん事業機構の設置を盛り込んだ。公的年金制度の建て直しと信頼の回復を図る。

============

 以上引用終わり。

 *年金、保険金を、運用?
 役人がか?
 これまで有効に運用された実績が僅かでもあるのか?
 この国は奴らにすっかり食い潰されてしまっているというのに!
 奴らは四条河原で獄門磔晒し首にしてやるべきだ。

 *岩国での住民投票は基地拡大反対派の圧勝。投票へのボイコットを呼び掛けて敗北した筈の安倍も地元招聘派も『結論先にありき』で、いまだ「地元住民を説得する」などと言っている。彼らは地元住民の方ではなく、ブッシュと在日米軍の顔色を窺うことが政治だと思っている太鼓持ちだ。野太鼓だ。恥も外聞も、無論政治理念なども何も無い、単なる売国奴だ。

 *ホリエモン逮捕から50日。ライブドア関連から8,000億円の金がどこかへと雲散霧消してしまったという。ライブドアにはまだ561億円のキャッシュがあるらしいが、それも賠償等に費やされることが想定されるから、「いつまでもあると思うな、親と金」状態らしい。大怪我をしたのは素人投資家(投機家?)である。

 *以前私は「小泉が前原を担保した」という記事を別のblogにf0052281_1013720.gif書いたが、これは逆も言えるわけで、「九月の民主党代表選は分裂含み」で事態が推移しているということであれば、前原ら「自称若手」の鼻持ちならない連中は、ここを何とかうまく立ち回ってポチポチグループへの合流を目論んでいると見た方が話はわかり易いだろう。
 それなら辞めるわけがない。二大政党制などという高邁な(?)思想など彼らには最初から欠落しているのであって、ポチにゴマを掏り、あわよくば公明党に成り代わって大臣のポストでも貰えたなら大喜びというのが彼らの腹の内ではないのか?
 
f0052281_1015325.gif
f0052281_102157.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-14 10:02
          30代の暴走を止めろ! (ゲンダイネット)

           30代の暴走が世間を騒がせている。

 堀江貴文前社長をはじめ“塀の中”に入ったライブドア幹部たち、偽メール事件で民主党を存亡の危機にさらしている永田寿康議員、企業が日刊紙に掲載する法定公告を悪用して株のインサイダー取引で数千万円を儲けていた日本経済新聞の社員――みんな30代だ。

 あなたの部下や後輩にもいつ暴走するか分からない社員、いやすでに暴走してしまっている社員がいるかもしれない。彼らを一体どう扱えばいいのか。2人の専門家に聞いた。

 まず知りたいのは、彼らがどんなメンタリティーの持ち主かだ。

 企業の社員研修も手がけ、「パワーセールス心理学」(PHP研究所)などの著書もある心理学博士の鈴木丈織氏がこう言う。

「彼らは物心がつくころにバブル経済の絶頂と崩壊を目の当たりにし、父親たちが“負け組”に転落するのを見て育った影響が大きい。オレは父親のようになりたくないという自己防衛の意識が強い。弱い自分を見せないために虚勢を張り、実力以上の評価や功名、金銭などを欲しがる。地道な努力ができず、手っ取り早く地位や金を手に入れるために何でもやる。善悪の基準が“勝ちは善、負けは悪”だから、勝つためならルール違反や拙速も辞さない。そして、しょせん砂上の楼閣にすぎない“勝ち組”であり続けるために暴走してしまうのです」

 成果主義の導入で、組織内個人主義が蔓延していることも問題がある。「仕事ができる人の『人間関係』戦略」の著書もある東京ガス西山経営研究所長の西山昭彦氏がこう言う。

「“一芸十年”という言葉があるように、10年たてば一人前とみなされ、30代になるとある程度の権限委譲が行われる。かつてはそれでも上司や先輩が日常の業務をチェックしていたが、今は自分たちもプレーイングマネジャーとして忙しいので、任せっきりになってチェックが入らない。そのために暴走を許してしまうのです」

 では、どんな30代が暴走しやすいのか。

「特に東大出のエリートのように、子供のころからチヤホヤされて育ち、失敗や挫折、怒鳴られたりした経験がない30代社員が危ない。一度でも痛い目に遭った経験があれば、二度とそんな目に遭いたくないので、暴走にセルフチェックが入るものです」(西山氏)

 暴走しているかどうかを見抜き、それを止める方法は?

「自分の仕事をすべてひとりでやろうとし、他人に手伝ってもらうことをしないため、コツコツと残業する。また、営業職なら数字合わせに走る。報告書で売り上げは上がっているのに売掛金が一向に減らないなどの現象となって表れます。怪しいと思ったら、取引先に同行するなどして確かめることです」(鈴木氏)

「30代社員を見るポイントは(1)企画力(2)人間力(3)専門性の3つ。このどれかが異常に突出していたり欠如していたりしないかについて、上司や先輩3~4人で話し合えばチェックできます。暴走に気づいたら、的確なデータや理由を挙げて“このまま突っ走ると評価が下がり、君が損をするだけだぞ”と説得する。彼らは評価を気にするから、これは効きます」(西山氏)

 間違っても「バカ野郎!」なんて怒鳴ったりしないこと。叱られ慣れていない彼らは全人格を否定されたと思い込み、逆恨みしたり落ち込んだりするのがオチだ。 【2006年3月7日掲載記事】 [ 2006年3月10日10時0分 ]

============

 以上引用終わり。
 
 30代の人たちというのは『団塊の世代ジュニア』にひっかかって来るかどうかという世代だろう。記事にあるように彼らは少年期に『バブル』の絶頂期と転落期を見知っている。良くも悪しくもこれが彼らの人格形成に大きな縁取りを与えていると思われる。諸行無常、世の中の価値観は決して不変なものではなく、それどころか状況次第では180度変換し得るものだということを彼らは目の当たりにした。高度成長期以降の世代というのは、日本経済というものは必ずや右肩上がりに成長し続けて行くものだと殆ど信じ切っていたのだが・・。

 ともあれ、バブル崩壊以降の日本しか知らない20歳前後の人たちとの違いの最たるものもここにある。酸いも甘いも知った結果(?)か、彼らは総じてシビアになり、他人はまず基本的には信用に値しないものだと判断し、自力突破を原則とする・・・。

 とまあ、わかったようなことを言ってますが、何の根拠もありません。私の知っている30代の人というのは自信家が多いような気がしますけど。w
 世代論というのも社会が大きく変動しているときには有効でしょうが、現代というのはなかなか一言でこういう時代なんだよとは決め付けられないようですけど・・ね。w

============

f0052281_1394016.gif
f0052281_1310938.gif
f0052281_13102367.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-10 13:44

官僚たちの蹉跌。

f0052281_6133815.gif
f0052281_6135428.gif
f0052281_614159.gif

*経産省部長ブログ「炎上」 PSE法巡り書き込み殺到
2006年 3月 8日 (水) 15:12(朝日新聞)

 「わかりやすい言葉で政策を伝えたい」と経済産業省の現役部長が、役職と氏名を明示して開設したインターネットのブログが、3週間ほどで閉鎖に追い込まれた。反対の声もある電気用品安全法(PSE法)に触れたところ、書き込みが殺到したためだ。その上、ブログの更新が執務中だったことが問題視され、部長は大臣官房から注意を受けた。

 ブログは、経産省の谷みどり消費経済部長が2月1日、個人で開設した「谷みどりの消費者情報」。谷さんは東大を出て79年に旧通産省入省。環境省初の女性課長などを経て、05年から現職。

 谷さんはブログで、悪質な内職商法の問題など消費者関連の政策を紹介、経産省のホームページ(HP)への誘導を狙った。当初は好意的な書き込みが多く、読者との関係は良好だった。

 しかし、2月13日にPSE法について書くと、様子がおかしくなった。

 PSEマークのない中古家電の業者による販売を禁ずる法律で、4月からテレビ、オーディオ機器、電子楽器など259品目の中古品が対象になる。中古家電販売業者、オーディオファンらが強く反発している。

 ブログで谷さんは、この法律への理解を求めた。だが、同法に対する意見に交じり、反対派とみられる人たちから「死んでわびろ」「能なしの税金泥棒」など中傷も寄せられた。冷静な意見を含めて、書き込みは最終的に1600通にのぼった。ネット用語で言う、書き込みが殺到し、収拾がつかなくなる「炎上」状態になった。他のネットの掲示板でも話題になり、騒ぎは大きくなった。また、ブログ更新が平日の勤務時間内だったため「公務中の更新は問題」と議論は思わぬ方向に飛び火した。

 このため、谷さんは閉鎖を決断、2月19日に「閉鎖のお知らせ」を掲載し、25日に閉じた。「公務中の更新を巡り、国民の非難を浴びた」として今月3日、国家公務員法の職務専念義務違反で注意を受けた。

 谷さんは「官庁のHPは、見たい情報にたどり着くのが大変だし、広報予算も限られている。官僚言葉でなく、個人として語りかけたかった。職務中の更新は注意が足りなかった」と話した。

============

 以上、引用終わり。

*このニュースはどうでしょうね。
 中古家電の販売を規制するなどという賛否両論のある話題に、官僚の一方的な主張を述べたのでは、そりゃ袋叩きに合うでしょう。業界があり需要があり、それで生活している人も大勢いるわけですからね。自分達は中古は買わないし使わないからうっかりしたってことですか?w

 官僚の皆さんにご注進!
 ネットを徘徊している(?)人達なんて、無論私も含めて、みんな日頃から何か一言言いたくてうずうずしている口うるさい連中ばかりなんだから、あまり舐めてかからない方がいいですよ。

 最近世間離れした変な官僚や官僚出身者ばかりが目立ちます。
 これも社会の階層化が進んでいることの証左でしょうか?

 
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-09 06:40

耐震偽装が全国化?!

札幌の耐震偽装。 2006年03月08日
<耐震偽造>浅沼建築士は技術不足 複雑計算できず改ざんか (毎日新聞)

 札幌市の浅沼良一2級建築士(47)による耐震データ偽造問題で、浅沼建築士が構造設計した計112棟のうち、偽装疑惑のある33棟は、すべて複雑な構造計算が義務付けられていた物件だったことが分かった。2級建築士単独では手がけられない構造設計をしており、市から報告を受けた国土交通省は技術不足だったのに無理をして体裁を整えたとみている。同省は元請け設計事務所などから事情を聴いたうえで、処分も検討する方針。

 問題の構造計算は、地震に対してどれだけ持ちこたえられるかを示す「保有水平耐力」という数値の算出。建築基準法では、高さ31メートル以上の建築物ではこの計算を行い、各階ごとに耐震強度を満たしていることが義務付けられている。数値は、柱や鉄筋、はりの太さや本数などによって左右され、複雑な計算が必要とされる。

 一方、33棟が建築確認を受けた年の内訳も判明。偽装を始めたとされる99年は2棟、00年が1棟だったが▽01年4棟▽02年6棟▽03年7棟▽04年6棟▽05年7棟とエスカレートしていたことが分かった。【長谷川豊】[毎日新聞3月8日]

============

 以上、引用終わり。

 関東、九州に次いで、今度は北海道。いみじくも武部幹事長が予言していたように「犯人探しなんかしていると建築業界は大変なことになる!」という、その大変な事態にまた一歩進んでしまったようである。
 九州の件も今回の件も、偽装の嫌疑をかけられた当事者は偽装を否定している。札幌のこの2級建築士に至っては、記者会見で「数字を変えた」ことは認めたものの「偽造とは認識していない。強度には自信を持っている」と言い切った。私は頭が悪いから、ビデオを何回見ても何を言いたいのかよくわからなかった。この人は「自分が基準だ、自分が法だ」と言っているような気がするのである。

 「耐震壁を多用したから大丈夫だ。国や自治体の基準には達していないが私には信念がある」なんて「誇示」して言われても「流石浅沼さんだ!素晴らしい」などと礼賛する人はコストダウンの注文をつけた依頼主以外にはまずいないだろう。
「悪法たりとも法は法」の精神を標榜する人でなくても「そんな理屈は通らない」と言うに決まっている。彼には本来2級建築士では関与出来ない物件を手掛けているという疑惑も浮上しているとのことだ。
f0052281_1029122.gif
 変な人間が変な理屈を振り回す困った時代である。
f0052281_10292133.gif
f0052281_10294014.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-08 10:30
       住めば都なホリエモン♪ 2006年03月07日

      <堀江容疑者>拘置所6週間 「時間過ぎるの早い」 (毎日新聞)

 ライブドアグループによる証券取引法違反事件で、前社長の堀江貴文容疑者(33)=証取法違反容疑で再逮捕=が東京拘置所で暮らし始めてから6週間が過ぎた。一貫して否認している堀江前社長は「時間が過ぎるのは早いもんですね」と周囲に話す余裕も出てきたという。再逮捕容疑での拘置期限は14日。東京地検特捜部との攻防はなお続く。

 堀江前社長の取り調べ担当検事は、当初の特捜部副部長から30代後半の中堅検事に交代した。3時間前後だった取り調べ時間は、午前、午後、夜の1日3回、計5~6時間に増えた。それでも精神的な疲れは見せず、取り調べにも慣れた様子だという。

 検事から契約書類を示されても「知りません。こんなのあったんですね」と応じ、作成された調書は身上経歴に関するものや再逮捕時の弁解録取書などごくわずか。事件について「何も悪いことはしていない」との姿勢を貫いているという。

 調べ以外の大半の時間は独房で過ごし、寒さがこたえるのかダウンジャケットを着込んでいる。房外に出られる運動は週2回、風呂は3日に1回のペース。一時は日持ちのしない生菓子などが多量に差し入れられ、困惑していたという。[毎日新聞3月7日]

============

 以上引用終わり。

 以前も紹介した、何故か昔の(?)獄中生活を知っている友人の話によると、運動が週2回というのは少な過ぎるそうである。彼の場合だと毎日30分扇を細長く仕切ったような形の運動場に出して貰えるので、ウサギ跳びとか激しい運動をみんなしていたということだった。足をいじめて萎えて来ないようにしたとのことである。雨の日は運動中止である。

「風呂はそんなもんだったかなあ?」と記憶に無い様子。「夏と冬で違っていたような気もする・・・。」

「差し入れ」と言っても食べ物は拘置所専属の売店で売っているものに限られる。外部からの持込では毒が入れられていたりするのを防げないということらしい。売店は排他的独占状態で定価で売るから「儲かってしょうがないだろう」と、友人は変な心配もしていた。

 ホリエモンは事件に関しては依然基本的には「黙秘」を貫いているようなので、これは2つの容疑で裁判が始まっても「保釈」になる可能性は低い。「罪証隠滅の惧れ」に間違いなくひっかかって来るからである。
 拘置所の独房で1~2年歳を重ねることになるだろう。

 それにしても、彼らの違法行為・脱法行為を、我々は国を挙げて礼賛しまくっていたんだからね。殆ど集団ヒステリー状態だったんだね。
 ライブドア株主の集団訴訟が始まると言うが、竹中(当時)金融相兼経済学者に責任はないのだろうか?

 私自身も「時間外取引」による大量株取得は「法的には問題ない」ということだったので、じゃあ「江川の空白の一日」(←江川がドラフト制度の欠陥をついて、一旦は阪神に入団して速攻で小林とのトレードで巨人に入団した事件)みたいなもので、別に構わないというか「いいじゃないか、裁きようがないじゃないか」と考えたように思う。

 検察がいきなり動いて、政界(←というより内閣中枢!)や財界トップを含めて世間の価値観を一挙にひっくり返してしまうというのも、滅多にあることではない、というか史上初じゃないのかな?

 ヤバイ時代だね。
f0052281_11322555.gif
f0052281_11324383.gif
f0052281_11331438.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-07 11:42

はや済んだか、民主党?

*いつまでも我々が『民主党問題』に興味を持っているかと思ったら大間違いだ。もうあんな連中なんてどうでもいいよ。参議院では民主党幹部がBBLT関連の質問を一切しなかったということで、自民党が気を使って取り上げることにしたとか。ここまで来ると漫画だね。

============

平沢議員激怒「まだ永田氏を信用するのか」「なぜ民主は金銭やりとりなかったと言い切れる」 (スポーツ報知03/06)

 「堀江メール」問題で自民党の平沢勝栄衆院議員(60)が5日、「まだ永田氏のことを信用するのか」と、民主党の鳩山由紀夫幹事長(59)に疑問を投げかけた。「(永田氏とフリー記者との間で)金銭が動いた可能性が高い」と主張する平沢氏に対し、鳩山幹事長は「一切そういうことはない。(平沢氏へ)何らかの措置を求めたい」と話していた。平沢氏は「永田氏が会見で言った言葉をそのまま信じている。正しい裏付けを取ることが必要だ」と民主党の“懲りてなさ”を指摘した。

「堀江メール」問題

 永田寿康氏(36)が国会内で、自民党の武部勤幹事長に謝罪したことで、収束の方向に向かいつつある「堀江メール」問題。だが、フリー記者の正体や永田氏との関係など、肝心な事実は何も明らかになっていない。

 以前から、「(永田氏とフリー記者の間で)金銭が動いた可能性が高い」と訴えている平沢氏。これに対し、民主党は3日の両院議員総会で「(平沢氏へ)何らかの措置を求めたい」(鳩山幹事長)としていた。

 自らの発言の根拠について、平沢氏は「政治的な陰謀としてはあまりにも稚拙で考えにくい。独自で調べた結果、『金銭をやりとりした可能性が高い』と言っただけ」と改めて説明した。

 そして民主党の対応に「なぜ『金銭のやりとりがなかった』と言い切れるのか。どうやって調べたのか。永田氏から聞いただけの可能性が高い」と指摘。「あらゆる可能性を考えるのは当たり前のこと。当事者だけの話だけでは危険。客観的な裏付け作業が必要だ」と疑問を投げかけた。

 鳩山幹事長に対しては「尊敬しているが」と前置きした上で、「こういう問題に慣れていない。(金銭問題について)『一切、そういうことはない』と言ったのは軽率で、今回の教訓が何も生かされていない」と批判した。

 今後の事実解明法として、〈1〉民主党が独自に調査、〈2〉証人喚問などの国会での追及、〈3〉捜査当局による調査、の3つを挙げた平沢氏は「フリー記者や情報提供者が本当のことを言うかは疑問。捜査当局でしか完全な解明はできない」としている。

 一方、民主党はフリー記者に対し鳩山幹事長が「何らかの法的措置」をとる発言をしている。しかし「告訴するのであれば、フリー記者の正体を明かすことになるが、なぜ国会の場で明らかにしなかったのか。国会の場で決着をつけるのが筋」と話すのは政治ジャーナリストの山村明義氏。「どういう形でどこまで追及するのか、きちんとした方針を決めてからやるべき」と“迷走”民主党へ助言した。

 平沢氏は「さらに事実が明らかになれば、もっとドロドロした事態になり、傷が大きくなる可能性がある」と“爆弾”をにおわせる。民主党にとって依然、いばらの道は続きそうだ。[ 2006年3月6日8時10分 ]

============

 以上、引用終わり。
 平沢さんじゃないけど、永田が金を積んでいないと断言出来る根拠はあるのか?

 永田はあれで東大卒の官僚出身だというから、東大も官僚も恥ずかしくてしょうがないだろう。
f0052281_1636763.gif
 なぜただで重要情報が貰えるのかね?
 西澤が永田に惚れ込んだからってか?
 一説には払った金は400万とか500万とか言われていて、それも高利貸しから借りて払ったもんだから、永田は追い込みをかけられている(!)なんてことまで噂されているんだぞ。

 済んだな、この政党は・・・。
f0052281_163629100.gif
f0052281_16364886.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-06 16:36

言い訳は聞き飽きた。

*民主 フリー記者を訴える 鳩山幹事長が示唆も実名明かせるの? (スポーツ報知03/04から。)

 「堀江メール」問題で、民主党の鳩山由紀夫幹事長(59)は3日昼の両院議員総会で、永田寿康衆院議員(36)にメールを仲介したとされる「フリー記者」について、「何らかの法的措置をとることも考えなければならない」との認識を示した。また、永田氏と仲介者の間で「金銭が動いた」と指摘している自民党の平沢勝栄衆院議員(60)について、鳩山氏は「一切、そういうことはない。(永田氏への)再確認は必要だが、(平沢氏への)なんらかの措置を考えないといけない」と語った。

 民主党は、永田氏にメールを仲介したとされる「フリー記者」を「加害者」と指摘。法廷の場で、“ガセネタ”を提供した意図などを問いただしていく方針を示した。

 永田氏が「身の危険を感じている」として名前の公表も拒否してきた「フリー記者」が、結局は民主党に致命的な大ダメージを与えた。前原誠司代表(43)はこの日、記者団に対し「メールが堀江容疑者からのものでないと断定した以上、堀江容疑者からのものだといって情報を提供した人物を守るべきではない、と判断するのは当然。法的措置をとる場合は、名前も含めて公表を検討する」と語った。

 ただ、鳩山氏は午後の定例会見で「法的措置に対しても『メール問題検証チーム(座長・玄葉光一郎幹事長代理)』で議論していく」とした上で、「慎重に事実関係を把握することが必要」とも強調した。

 民主党としては、「フリー記者」の素性を明かすことで、党の“失点”を減らしたいところ。しかし、党のホームページなどでは官製談合や耐震偽装問題などの情報提供を求めている最中。“ガセネタ”を提供して名前が公表されるという事態が発生することで、重要な情報提供が寄せられなくなる悩ましさもある。

 「寄せられた情報の裏づけをとって、国会で論陣を張ることも大事」と鳩山氏。今回の情報提供者があくまで意図的な「加害者」であることを慎重に確認するとした。

 また、民主党と同じ「堀江メール」を入手した平沢氏が、永田氏と「フリー記者」の間に「金銭が動いたと理解している」と指摘していることについて、鳩山氏は、この日昼の両院議員総会では「一切、そういうことはない。(平沢氏への)なんらかの措置を求めたい」と語った。

 ただ、その後の定例会見で改めて金銭の授受について質問されると、「『お金は渡っていない』という永田議員の言葉を信じたいが、しっかりとした裏づけをとらねばならない」と、いきなりトーンダウン。一方で「民主党からは一切、お金は渡っていない。そこだけは100%の事実として申し上げる」と付け加えた。

◆提訴したら

 民主党は「堀江メール」を永田氏に橋渡しをしたフリー記者に対し、実際に訴えるとしたら、どのような罪に問えるのだろうか。

 日大法科大学院・板倉宏教授は「私文書偽造・同行使あたりではないでしょうか」と指摘。その場合のポイントは「『@堀江』を署名と認めるかどうか」だという。同じ私文書偽造・同行使罪でも、署名や印鑑が入った有印私文書の場合は3月以上5年以下の懲役となるが、それらがない無印私文書なら1年以下の懲役または10万円以下の罰金と罰則が大きく変わってくるからだ。

 板倉氏は「あの『@堀江』を署名と認識するのは、ちょっと無理があるのではないか。ただ、メールのやりとりが一般的となった現状を考慮すれば、広い意味で署名と取れないこともないが…」と有印私文書偽造・同行使罪の適用に疑問符をつけた。

 また、フリー記者との間に金銭の授受があった場合、10年以下の懲役となる詐欺罪に抵触するが「仮に金が動いていたとしても、民主党がそれを明らかにするはずがありません」。さらに、民事訴訟では損害賠償請求も可能だが「民主党は損害額をどのように算定するのか。判例もないだけに、難しいところでしょう」と首をかしげた。[ 2006年3月4日8時15分 ]

============

*以上、引用終わり。

 有印私文書偽造は無理だが無印私文書偽造では微罪にしか問えず、金銭の授受となると永田が認めない・・・ということらしい。
 だから永田を切れない民主党の刑事告発や法廷闘争では何ともならないのである。民事訴訟では損害賠償請求が可能と言うが、これは計り知れない損害を日本社会全体が負ったわけで金額に置き換えることがもし可能なら、天文学的な数字になるだろう・・としたところで、それら一切を民主党が代行して訴訟に打って出ることなど不可能である。だからこそ永田と西澤元記者を国会へ呼べと私が口を酸っぱくして言い続けて来たのにぃ!ぷいぷい!

 まあ、ここに至るまでの前原執行部の対応があまりにもお粗末過ぎた。
 虚偽の上に虚偽を上塗りして来たのだから救いようが無い。
 事ここに至っても、なんたらいう室長が前原に代わってきれいごとの言い訳をするだけである。そんな優等生みたいな言い訳など一回聞けば沢山だということが、彼らにはわからないのだろうか?
 こんな前原を下ろせない民主党は最早政治改革の障害物でしかない。各地の選挙で大敗を繰り返せばいいというだけの話だ。f0052281_17521989.gif
f0052281_17524520.gif
f0052281_175333.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-05 17:53

金は流れなかったの?

     民主が情報料提供否定、自民・平沢議員に対抗措置検討 2006年 3月 3日 (金) 20:36(読売新聞)

 民主党の鳩山幹事長は3日の両院議員総会で、「送金指示メール」問題について、「(メールを仲介した元記者に)永田寿康衆院議員をはじめ、党としても、お金を出したことは一切ない」と述べ、情報料の提供を否定した。

 そのうえで、自民党の平沢勝栄衆院議員が情報料提供の疑惑を指摘しているとして、平沢氏に対し、抗議など「対抗措置」を検討する考えを明らかにした。

 さらに、同党がこれまで名前を明らかにしなかった元記者については、名前の公表と法的措置を検討する考えを示した。

 民主党はメール問題検証チームの調査結果を踏まえて、対抗措置などを取るかどうか、最終判断するとしている。

 これに対し、平沢氏は「(元記者はメールを)マスコミにも売り込みに行っているから、お金が目当てではないかと発言したことはあるが、(永田氏が情報料を払ったとは)言っていない。鳩山氏がこんなことを言うのは、断末魔の症状だ」と反論した。

============

 以上、引用終わり。
 さて、こっちの方の金の流れも心配しなければならないのだから、我々も大変である。w
 永田といい、前原といい、鳩山といい、嘘吐きばかりだから、民主党の言うことなんて俄かには信じ難いというベースが、我々の側には既に出来上がってしまっている。共産党じゃないけど今や『確かな野党が必要』なご時世なのだ。

 西澤孝をどれだけ民主党として自力で調べ上げることが出来るのか、そっちの方が注目される。自力では何も明らかに出来ず「警察さん、お願いします」では情けないだろう。

 警察と言えば、耐震偽装で史上空前の全国一斉家宅捜索をやった後はすっかり鳴りを潜めているんだけど、それは何故なの?
 この事件が発覚した当初、武部幹事長は「犯人探しなんかしていると、建設業界は大変なことになる!」と発言して顰蹙を買ったが、警察は今、 誰をどこまで罪を問おうか悩んでいるということなのだろうか?

 永田のばか者が余計なことをしてくれたために、BBLTはすっかりどこかへすっ飛んでしまった。どこを向いても真っ暗闇じゃあござんせんか・・。f0052281_17284274.gif
f0052281_1729444.gif
f0052281_17292239.gif
[PR]
by eisakutyan | 2006-03-04 17:30